【衝撃】藤井聡太四段はアスペルガーだった!?

藤井聡太四段の生い立ち

藤井は、現在14歳。

名古屋大学附属中学校に在籍している。

この中学の偏差値が66ということなので、

藤井自身も高い偏差値であることがわかる。

また、父親はハウスメーカー会社勤務で、

母親は専業主婦と、生まれ育った環境は特に

変わった様子はない。

彼が将棋を始めたきっかけも

5歳のときに祖母から教えてもらったことであった。

しかし、その後の彼の将棋にかける熱意や技量が凄まじかった。

8歳にしてアマ初段となり、プロ育成期間である東海研修会に所属。

2011年に

第10回全国小学生倉敷王将戦 低学年の部 優勝
JT将棋日本シリーズ東海大会 低学年の部 優勝

これらの優秀な成績から、一次試験免除で奨励会に入会。

そして、四段昇格をかけた2016年のリーグ戦で

見事1位を獲得し、14歳2ヶ月という年齢で四段となったのだ。

これにより、史上最年少の記録を更新した。

そんな天才少年の藤井だが、実は発達障害があるというのだ。

その真相は次のページに

コメント